きれいな脚と花

水虫はかゆみも伴うことが多く、見た目もひどい状況になりやすいことから誰もがかかりたくないと思う病気の一つです。
水虫の実態は白癬菌と呼ばれる真菌に対する感染症であり、感染源となる水虫を持っている人の足などの患部から剥がれ落ちた皮膚や角質などから接触感染するというのが一般的な感染経路です。
お風呂やその脱衣場のように誰もが裸足になって歩く場所では感染のリスクが高く、同じ家に住んでいると裸足で生活する場合もあったり、靴下の着脱の際に付着していた皮膚が落ちたりすることから感染リスクは高まります。
そういった兼ね合いから水虫の人とは一緒に生活したくないと考えたり、感染リスクの高い共同浴場には行きたくないと考える人も多いのが事実です。
しかし、水虫の人の皮膚に接触してしまったからといって必ずしも感染が成立するわけではありません。
足にもし白癬菌が育ちやすい環境ができてしまっている場合にだけ高確率で感染するということを理解しておくと良いでしょう。
その最も典型的な例が清潔でないということです。
足を丁寧に洗って付着してしまった白癬菌を洗い流していればそれだけ感染リスクが低下します。
一方、白癬菌は高温多湿の状況を好むことから通気性の良い靴を履いたり、長い時間にわたって靴を履き続けないようにしたりすることで足が蒸れないようにしておくと白癬菌が増殖することを抑制することができます。
そうすることによって足の清潔さを保つと水虫になってしまうリスクが大幅に低減されるでしょう。
また、最近では有効性の高い治療薬も開発されているため、万が一に感染してしまっても完治することが可能になっています。
その事実も知っておくと安心して生活できるようになるでしょう。